この第4世代アイドルは飲酒運転による死亡事故で懲役15年を宣告される

6月11日、検察は元アイドルで現DJのイェソンに対して懲役15年を求めていると発表した。

2019年にデビューしたK-POPグループ「インスター」の元メンバーが、飲酒運転で死亡事故を起こした罪で現在裁判を受けている。

この悲惨な事件は、飲酒運転中のDJイェソンが2件の事故を起こしたことで起きた。その結果、配達員が悲劇的に命を落とした。検察は彼女の行為の重大さを強調し、反省の気持ちが欠けていることを強調した。

「事故で被害者が亡くなったにもかかわらず、いまだに被害者を責めていることを考えると、彼女の罪は重い。被告に懲役15年の刑を言い渡し、ベンツのキーを没収するようお願いします」と検察は述べた。

裁判中、DJイェソンは経済的な制約と重要なイベントに参加することの重要性を理由に自身の行動を正当化した。

「当時、予約が入らず経済的に困窮していた。生活がかかっている大事な集まりで、お酒を断ることができなかった。被害者に消すことのできない苦痛を与える許しがたいミスを犯してしまった。深く反省している」とイェソンさんは証言した。

元K-POPアイドルのDJイェソンに対する判決公判が7月7日に開かれる。この事件は、彼女に対する容疑の重大さと、音楽業界での彼女の以前の名声のためにかなりの関心を集めている。一方、現在DJとして活動しているイェソンは、シングルファーザーの命を奪った飲酒運転による死亡事故に巻き込まれ、非難に直面している。彼女の謝罪声明の誠実さに疑問が生じ、国民の怒りが高まっている。

イェソンの母親は、イェソンが幼い頃に父親を亡くしたと嘘をついて謝罪した。しかし、調査の結果、イェソンの父親は生きていることが明らかになった。イェソンの母親は、これは「誤解」によるものだと釈明し、イェソンを3歳の時から一人で育てたことは明らかにしたが、夫の死については触れなかった。

さらに、イェソンさんは血中アルコール濃度が高かったことと、現場で非協力的だったことが発覚したため、現在も警察に拘留されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です