リーグ・オブ・レジェンドのフィアレスドラフトとは?LoL Esportsの新ドラフトシステム

Riot Games は、革命的なチャンピオン ドラフト システムである Fearless Draft を 2025 年に Tier 1 LoL Esports に導入する計画を明らかにしました。しかし、これは具体的に何を意味するのでしょうか? これについて知っておくべきことをすべて紹介します。

6月11日の最新の開発アップデートでは、LoLファンにとって大きな発表がいくつかありました。Riotは、Arcaneシーズン2のトレーラーを公開したほか、LoL Esportsの複数のリーグを統合する計画も発表しました。これには、LCSをCBLoLおよびLLAと統合すること、および2025年までにすべてのAPACリーグ(LCKとLPLを除く)を1つに統合することが含まれます。

2025年シーズンでは、新しい国際トーナメントがスケジュールに導入されるほか、eスポーツ専用に設計された新しいドラフトシステムであるフィアレスドラフトの導入など、多くの変更が行われます。

フィアレス ドラフトとはいったい何で、どのように機能するのでしょうか。また、どれくらいの期間存在しているのでしょうか。

League of Legends の Fearless Draft とは何ですか?

フィアレス ドラフトは、チームが前のゲームで使用されたチャンピオンを選択することを禁止する独自のチャンピオン ドラフト システムです。

Riot によれば、今後の Fearless Draft 2025 は修正版をベースにしたものになるとのこと。つまり、多少の違いはあるかもしれないが、現在の形式とかなり似たものになると予想される。

現在、Tier 2 で使用される Fearless Draft は、次のガイドラインに従って運営されています。

最初のゲームでは、ドラフトのプロセスは変更されず、チームはチャンピオンの禁止と選択という通常のプロトコルに従います。

2 番目のゲームでは、チームが選択したチャンピオンは、ゲームの残りの間、再度選択することはできません。ただし、対戦相手は、前のゲームで使用したのと同じチャンピオンを選択することができます。

LPLは恐れ知らずのドラフトを採用
リープ・ルプ

LPLは、フィアレスドラフトを使用する最初のティア1リーグであり、各チームの禁止されたチャンピオンが下部に表示されます。

シリーズが 3 試合目まで進んだ場合、チームは前の 2 試合で使用したのと同じチャンピオンを選択することはできません。ただし、対戦相手には同じチャンピオンを選択するオプションが残ります。

これは、シリーズ中にチームがチャンピオンを選択する際に非常に戦略的になる必要があるため、チーム構成の多様性を高めるために行われます。

Fearless Drat システムが 3 ゲームに制限されていることに気付いたかもしれません。これは、多くの LoL シリーズがベスト 5 マッチで構成されていることから、課題となります。この問題に対処するために、Riot はドラフトの更新バージョンをリリースする予定です。

ハードドラフトとソフトドラフトの違いを理解する

フィアレス ドラフトには、ハード バージョンとソフト バージョンの 2 つのバージョンがあります。ソフト バージョンの方が一般的に使用されていますが、ハード バージョンでは禁止事項がより厳しくなっています。

LCK CL はフィアレスドラフトシステムを採用しています
韓国

LCK CL マッチで使用されている Fearless Draft システム。使用されたチャンピオンが上部に表示されます。

ソフト バージョンでは、対戦相手は、以前に選択されていない限り、敵がすでに選択したチャンピオンを選択できます。ハード バージョンでは、一度チャンピオンを選択すると、シリーズの残りの間は選択できなくなります。

LCK CL は先駆者であり、挑戦的なフィアレス ドラフトを採用した唯一のリーグです。

フィアレスドラフトはLoLの新しいコンセプトですか?

実際、フィアレス ドラフトは以前からリーグ オブ レジェンドで使用されていました。

現在、上位 4 地域の中でドラフト形式を導入しているのは LPL だけです。これは驚くことではありません。LPL がこのドラフト方式を最初に採用したからです。

中国の第2層の大会であるLDLは、2022年のサマースプリットでこの形式を初めて導入しました。LCK CLも最近、ハードフィアレスドラフトとして知られるフィアレスドラフトの修正版を採用しました。

LCS の二次レベルの競技である NACL では、修正された Fearless Draft が実装されます。このバージョンでは、各チームはゲーム 4 で 3 人のチャンピオンのみを禁止でき、ゲーム 5 ではどちらのチームもチャンピオンを禁止しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です